SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年10月07日

月1万でW3Cのバックリンク購入

「PageRank購入」の標的となったW3Cとその結末(cnet)

CNET Japanの記事に興味深い記事が掲載されていましたので紹介します。

wwwを開発した人が在籍するWEB標準をすすめる団体W3C。このW3Cが寄付金を頂いた団体をサイト内で紹介している為、バックリンクを得る目的でSEO業者やマーケッターのターゲットになっていたようです。

それにしても数が少ない、ページランク9のサイトからのバックリンクが月額1万円未満ならもっと多くてもいいはず。ページランクが異常に高いサイトが出てくれば、バックリンクを調べられてすぐばれると思うのですけどね。

とりあえず、メタタグにnofollowを付けて解決したようですが、海外のサイトはページランクが高いものが多いですね。

ブログでも8やら9やらがごろごろしています。日本よりも簡単に高いページランクを得ることができるので、ページランクにあまり固執していないのですかね。

広告は日本よりも盛んで、個人のブログでもAdBriteみたいな広告代理店を使っている例が多いですね。日本でもやればある程度うけると思うのですが…誰か作りませんか?

posted by SEO at 20:05 | SEO、SEMニュース
2006年09月05日

googleは、今おかしくはなかった

googleで自分のサイトのURLを入れて検索してみると、インデックスが30ページ!
あまりにも少ない。検索すると出てきたのですが…

なんでだろ?と思って他のサイトでも検索してたら、超有名サイトのインデックスも軒並み少ない。
ちょっと焦りましたが、結局SEMリサーチさまの所でこんな記事を発見し、解決。

グーグル、ドメイン名検索時のSERP表示仕様を変更SEMリサーチ

とはいってもページランクが揺れている。昨日から2になったり、3になったり。画像のとおり。

seo.jpg
〔クリックで拡大〕

いろいろと、いじくっているのでしょうか。調べるのがめんどくさいので様子見。
posted by SEO at 19:24 | SEO、SEMニュース
2006年09月02日

タグクラウドについて

タグクラウドとは、seesaaの新機能(遅い…)で、記事を投稿するときにキーワードを設定しておけば、そのキーワードのカテゴリを勝手に作ってくれて、タグサーチでそのキーワードを書いた記事を検索できるものです。

どんどん深い階層に記事が埋もれてしまうブログの欠点を補ってくれる便利な機能でもあり、saasaaの404エラーからのリンクもちゃっかりタグサーチにしてたりします。

とても便利なタグクラウドですが、他ブログで使ってみた感想として、残念ながら欠点もあります。

まず、はじめにキーワードをある程度決めておかないと、文字がどんどん増えて見ずらくなる。(トップページには置かず、各記事の最下部にでもおいておけばすっきりするかも。あと工夫すれば文字を小さくできるかも)

次に各記事からタグのページへリンクが張られる訳ですから、タグページがそのブログの上位を占めます。

〔link:各記事URL〕で調べてみると、カテゴリと過去ログと前後の記事程度ですが、タグページは全てのタグページとキーワードを設定した記事からリンクを受けます。

タグページが上位表示されるより、直接記事ページが上位表示される方が都合がいいので、マメに他記事へリンクしてやる方法もあります。

とはいってもタグサーチから来る訪問者も結構いますので、どちらがいいとか悪いとかはありません。好みだと思います。

※決して最初からタグを入れ直すのがめんどうで、すねてる訳ではありません

posted by SEO at 16:01 | SEO、SEMニュース
2006年07月15日

googleでキャッシュが表示されない

現在googleでサイトのキャッシュが表示されていません。ヤフーは問題ないようですが、googleページランク更新の影響でしょうか?

検索結果も随分と荒れています。
このブログに関しては良い方向になっています。

googleで「SEO対策」と検索すると518位に表示されます。ってかなりしょぼいですね。でもまあ、作ってまだ2ヶ月とちょっとですし、被リンクもほとんど増やしていないので、満足です。

被リンクを増やさない理由は、YST対策の実験の為でもあります。googleでの上位表示は、SEOに関する書籍やサイトを見れば、ある程度ですが簡単にできると思います。

目標はYST、google、msnの3大検索エンジンで、同じように、安定して上位表示されることなんですが、msnがまだいまいちよくわかりません。かなり曲者です。

もういいかな、なんて思っています。
posted by SEO at 23:05 | SEO、SEMニュース
2006年07月06日

ライブドア、次世代ポータルサイトを目指し、デザインチェンジ

ライブドアがトップページを変更しましたが、BIGLOBEやBitCashもトップページのデザインを変更していました。

個人的にはBIGLOBEのデザインは前の方が好きなんですけどね。
BIGLOBEのページランクが4だったので、URLを見てみると、URLのあとに?GLが付いていました。ロゴのリンクURLはあとに?H。これもページランク4。?GL、?Hを省いたURLはページランク7。

他のページからのトップロゴへのリンクは、?GL、?HなしのURLでした。
この?GLはおそらくお気に入りからのアクセス数を知る為、?Hはトップページのロゴをクリックする人を知る為でしょうけど、どうなんでしょうかね?

他ポータルサイトのロゴのリンク先を調べて見ました。
ヤフーは現在ワールドカップのページ。
ライブドアは新トップページの使い方ページ。
Excite、DUOGATEはサイトマップのページ。
BitCashはindex.html。
フレッシュアイはホームページをフレッシュアイに設定しますか?
あとはだいたい普通にトップのURLか、画像のみでした。

サイトマップは結構使えそうですね。ページ数が多いポータルサイトにはとくに効果がありそうです。

ちなみにBIGLOBEのスライムみたいなロゴは「地球」だそうです。
posted by SEO at 02:12 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年06月28日

Amazonおまかせリンク(TM) ベータ版公開

知らない間にAmazonにキーワードマッチ型広告ができていた。

googleアドセンスのように、WEBサイトの内容に沿った広告が自動的に表示されるようで、早速各記事の最後尾に表示するようにした。

Amazonはアフィリエイトプログラムのパイオニア(でしたっけ?)なのに、広告の説明文がずれたり、いまいち使いづらい印象があったのですが、いちいち広告を変更する手間もなくなり、なかなか使い勝手がよさそうです。


ちなみに、またタイトルタグを変更してみました。今度のキーワードは「検索 順位 上位」です。あっという間に変更前のキーワード「インターネット SEO」で3,920,000件中136位まで飛びました。

やはりタイトルタグの効果は大きいですね。タイトルタグは慎重に選びましょう。

現在SEO対策アクセスアップの扉は「検索 順位 上位」でgoogle200位以内に入っていません。ぜひ、今後の動きに注目してみてください。
posted by SEO at 19:07 | TrackBack(1) | SEO、SEMニュース
2006年06月24日

モバイルSEOに向けてgooglesitemapマイナーチェンジ

本サイトのDOCTYPE 宣言はHTML 4.01で、この「SEO対策アクセスアップの扉」はXHTML 1.0です。

私が使っている携帯電話はauで、本サイトの閲覧はできませんでしたが、XHTML 1.0で記述することで、閲覧可能になりました。

googlesitemapがモバイル用の詳細も表示されるようになったため、変更してみました。

その他ツールを評価する機能が新しくできたのですが、個人的にはリアルタイムでページランクが表示される機能がほしいところです。
posted by SEO at 01:34 | TrackBack(1) | SEO、SEMニュース
2006年06月21日

最近の検索エンジンの動向

最近、検索エンジンの様子が…。

昨日作成したばかりのブログが、2つの複合キーワードで、検索件数1,070,000件中5位になった。yahoo!での検索結果です。

yahoo!は時間がかかると言いながら、まだまだわからないことだらけ。


以前mod_rewriteを使って10,000ページ程インデックスに成功したサイトが、googleで徐々に削られ、ついに600ページ程のインデックスに減ってしまった。

googleが自動生成のサイトの対策をはじめたのかもしれません。

googleでは、とにかく検索結果に表示されるページ数がどんどん減ってきています。もしかしてペナルティを与えられたサイトが、インデックスから削除されたのかもしれませんし、自動生成のページを排除しているのかもしれません。

米グーグル関係者のブログで
「品質の低いインバウンドリンクやアウトバウンドリンクを多数持つWebサイトがBigdaddy(googleの新しいデータセンター)に掲載されない可能性がある」

といわれていることから、過度の相互リンクサイトを排除しようとしているのだと思います。

yahoo!でもヤフーカテゴリ登録サイトの見直しが行われているようで、カテゴリから削除されているサイトが増えているようです。

スパムサイトが一斉に排除される可能性があります。
今のうちに真面目なSEO対策をしておけば、あっさりと上位表示されるかもしれません。
posted by SEO at 06:53 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年06月19日

マニア向け検索エンジンemyuu

アクセス解析を眺めていると、emyuuという検索エンジンからのアクセスが多かった。

これはマニア向け検索エンジンで、お金関係のサイトしか登録されないようです。

登録した覚えがなく、このサイトは「インターネット、SEO、SEM」関連のサイトです。お金に関する記事も書いたこともないと思います。

情報も少なく、登録数もあまりないようなので、もう少し調べてみたいと思います。

マニア向け検索エンジンemyuu

http://money.emyuu.com/
posted by SEO at 23:10 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース

googleページランク更新予想

googleが最近なにやら変わった動きをしています。

日々、何十というサイトで実験を行っているのですが、インデックスが2週間前のデータを表したり、1万ページインデックスされていたものが500ページ程になったりと、新しいデータセンター(ビッグダディ)を前に、じっと待つことしかできません。

そこで、勝手にページランクの更新予想でもしてみます。

ワールドカップの最中でも、googleは大忙しです。検索結果にサッカーの実況を表示したり、携帯電話で最新情報がわかるサービス、パーソナライズドホームによって、最新情報、動画がみれるサービスなど。

ワールドカップ中の更新は難しそうなので、決勝7/9が終わった次の日7/10なんてどうでしょう?(かなり適当なので絶対はずれます…)
posted by SEO at 22:57 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年06月17日

ウィキペディアがスパム?

最近いろんなキーワードで検索していると、ウィキペディアの上位表示が目立つ。

参考:CNET Japanの読者ブロガー信長王2.0さんのブログ

http://rblog-media.japan.cnet.com/0007/2006/05/post_67c4.html

SEOとスパムの境界線は人それぞれだと思いますが、googleはSEO自体推奨していません。

SEOについて
http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35291

ただ、だれでも知ってる超大手ポータルサイトでも、故意かはわかりませんがスパムをしています。

ウィキペディアのような百科事典サイトが、どの用語を検索しても1位に表示されるということは、個人のサイトはスパムをしなければ上位表示されないということになります。

現在、すでにSEO対策をしないとホームページのタイトルで上位表示されない状況です。

「○○の部屋」というサイトを作ったので見てね。と友人に紹介しても、すでに長いURLを伝えないと不可能です。

せめて、営利、非営利、個人、企業などをわけて検索できるようになればいいのですけどね。
posted by SEO at 23:35 | TrackBack(1) | SEO、SEMニュース
2006年05月25日

KDDIとGoogleの業務提携

KDDIとGoogleがau携帯電話のインターネット接続サービス「EZweb」にGoogleの検索サービスを採用。

今まではカテゴリにたどって検索していたが、コンテンツ内の検索が可能になる。開始は7月から。

大手企業が本格的にモバイル事業に参入し、急速に発展しています。携帯電話におけるSEO対策にもそろそろ力を入れてみたいと思います。

いまいち踏む込みにくいですが、、

携帯専門のSEO業者とかあるのでしょうか?もうちょっと整備されてからですかね。

ちなみにseesaaブログは携帯にも対応しています。携帯からのアクセスも結構あって、/pages/user/m/〜みたいなリンク元です。

「SEO対策アクセスアップの扉」を携帯で見れます。URLはそのままです。

posted by SEO at 02:31 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年05月23日

XリスティングがZAQとパートナー契約を締結

Xリスティングが@niftyに引き続きZAQとパートナー契約を締結した。開始予定日は6月1日からです。

ますますJリスティングとの差が開いた感じ。infoseek、楽天、ask.jp、msn、アマゾン、サイバーエージェントなどがディレクトリ事業に参入してくれればおもしろいことになりそうですけど、ないですね。

ディレクトリ事業はヤフーの一人勝ち状態。他のディレクトリ登録はSEO対策、アクセスアップにあまり効果がないともいわれています。

yahooに登録されたら、Jリスティング、Xリスティングの提携先にも勝手に登録されていた。なんてことも聞きますし、もう少しユーザーが優位になるように工夫してもらいたいです。
posted by SEO at 08:19 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年05月09日

JリスティングとMARS FLAGがパートナー契約を締結

見える検索エンジンで有名なMARS FLAGが、J-LISTINGとのパートナー契約を締結した。

旧MARS FLAGのサイトをサブドメインにし、新MARS FLAGがページランクを引き継いでいる。

しかし、ディレクトリ登録というよりは、カテゴリごとに検索結果を表示し、登録サイトと表記してあるだけで、今のところ被リンクとしての効果は薄そう。

J-LISTINGのサイトで、その他大手検索エンジンとの契約が内定しているとの表記はまだ消えていない。
posted by SEO at 21:59 | TrackBack(0) | SEO、SEMニュース
2006年04月27日

X-LISTINGとJ-LISTING

yahoo!カテゴリ登録とDMOZ登録の次にSEO対策に有効なディレクトリ登録といえば、株式会社クロスリスティングが提供するサービスX-LISTINGとジェイ・リスティング株式会社が提供するJ-LISTINGです。

X-LISTINGの提携先には現在excite,goo,Apple,NetHome,@nifty(5月中旬予定),cybozu,DION,DUOGATE,Fenrir&Co.,hi-ho,関西どっとこむ,MEGAEGGドットコム,ODN,So-net,teporeがあります。

登録審査料金は42,000円ですが、4/28日銀行着金までキャンペーン価格として31,500円で申請できます。

主なディレクトリはgoo,exciteのものを利用し、ディレクトリを置いていない提携先もありますが、検索結果には表示されます。SEO対策としてなかなか効果を発揮しそうです。しかし、アクセスアップには期待できないでしょう。

J-LISTINGの提携先には現在livedoor,BIGLOBE,TBS,fleshEYE,BitCash,AAA!CAFE,DTD,livedoormusic,livedoormoviesなどがあります。

登録審査料は31,500円で申請することができます。X-LISTINGと比べ、やや見劣りする感じがありますが、J-LISTINGのサイトには、「その他、大手検索サイトとの提携が内定しております。(近日発表予定)」と記載されていますので期待がもてるかもしれません。

Looksmartがディレクトリ登録審査サービスを停止し、今後はX-LISTINGとJ-LISTINGがyahoo!に続くディレクトリサービスになると思います。
posted by SEO at 10:02 | TrackBack(1) | SEO、SEMニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。