SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年07月05日

アンカーテキストはどれくらいの効果があるか?

「こちら」と検索すると、アドビ、ヤフーなどが上位に表示されます。
ヤフーとアドビは「こちら」というキーワードは使っていませんが、多くのサイトから「○○はこちら」というようにリンクが張られている為、リンク先の内容が「こちら」という内容を含んだものだと検索エンジンが認識するというのは、多くのサイトで言われています。

それでは、どれくらいの効果があるのでしょうか?そもそも「こちら」という名前のサイトがないし、「こちら」なんていうキーワードでSEO対策する人自体がいないのではないかと考えました。

とりあえず、「こちら」とgoogleで検索してみました。キャッシュを見てみると、普段は

【これらのキーワードがハイライトされています: こちら】
となっているはずが、

【これらのキーワードは、このページにむけて張られているリンクに含まれています: こちら】
となっていました。とりあえずアンカーテキストが影響しているということはわかりました。

他にもいろいろなキーワードで検索していると、見つけました。

「○○○○」というキーワードは検索結果133,000,000件あります。トップのサイトはページ内に「○○○○」という言葉は使っていません。
被リンク数は1620。ページランク7。

ちなみに2位サイトはタイトル、本文ともにこのキーワードが入っているサイトでページランクは同じく7ですが、このキーワードでリンクされる可能性が少ないサイトです。

アンカーテキストはやはり重要という結論を出しました。


今日いろいろなサイトを見ていると、
ページランクが表示されなくなったりしています。そろそろ…かな?
posted by SEO at 00:36 | TrackBack(0) | SEO対策、SEM対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20291232

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。