SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年06月21日

情報収集はブログ検索よりyahoo!、googleで

SEOの知識を勉強するのであれば、テクノラティのようなブログ検索よりもyahoo!、googleで実際に上位表示されているサイトから情報を収集されることをお勧めします。

これは、SEO業者を選ぶときにもいえることです。スポンサー枠で表示されるところは、広告費を払えば誰でも上位表示できますので、信頼できるとはいえません。

もちろん、顧客獲得のために力をいれているところや、最近できたばかりの会社もありますので、一概にはいえませんが、「SEO」、「SEO対策」のキーワードで少なくとも100位以内に入っていなければ、難しいでしょう。

注目するところは被リンク数が少なくても上位表示されているサイト。
(被リンクを増やすだけのSEOは、SEOとは呼びません)
あとは、yahoo!、google、msnの3つの検索エンジンで、共に上位表示されているサイトです。

こういうサイトはSEOを熟知していて、現状では、最適な情報収集ができるサイトだと思います。

「SEO対策アクセスアップの扉」はyahoo!だけに嫌われています。こういうサイトは胡散臭いので信用してはいけません(笑)

というのは、やはりyahoo!対策のポイントはヤフーカテゴリの登録で、それができないサイトは、サイト年齢(ドメインを取得してからの年数)が古いサイトが上位表示されている傾向にあるからです。

「検索エンジン○○○○件に登録します。」というのをよく見かけますが、yahoo!では、できたばかりのサイトで急激に被リンクを増やすと、圏外にぶっとびます。(経験上100%)
posted by SEO at 00:40 | TrackBack(0) | yahoo対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19581882

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。