SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年05月27日

W3C準拠のhtml、cssホームページ

yahoo!、google、adobe、MSN、さらにW3Cのホスト機関である慶應義塾。これらのサイトはW3Cに準拠していません。もっといえば、大手ポータルサイトでW3C準拠しているサイトはほぼありません。(あったら教えて下さい。)さすがにW3C自身は大丈夫でした。

wwwは現在W3Cのディレクターである、ティム・バーナーズ・リーという方が考案したものです。マイクロソフトのビルゲイツやグーグルのラリー・ペイジではありません。

テーブルレイアウト、フォントタグ、センタータグ、brタグの連続は、SEOに不利だという人もいるかと思いますが、グーグルのトップページはこれらをすべて網羅しています…。

ホームページが少し作れるようになったら、今度はこれを目標に、みなさんがんばって作ろうとするはずです。でも細部までこだわる必要はないかもしれませんね。

グーグルもヤフーもwwwを利用している一企業ですから。
posted by SEO at 01:15 | TrackBack(1) | SEO対策、SEM対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18421354

この記事へのトラックバック

ティム・バーナーズ=リー
Excerpt: ティム・バーナーズ=リー 著 者: 涼クール 正確には 「Timothy Jhon Berners-Lee」 らしい...
Weblog: エンタメ亭
Tracked: 2006-10-28 14:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。