SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年05月18日

googleフレッシュクロール対象サイト

「SEO対策アクセスアップの扉」がgoogleのフレッシュクロールサイトになっていました。

フレッシュクロールとは、webページは膨大な量があり、常にgoogleがすべてのページを訪れることは難しいので、厳選したページにgooglefreshbotが訪れ、インデックスしていくというもの。

簡単に言えば、googleで検索したときに、URLの後に更新日が記載されているページのことです。

Su-Jineさんのサイトで
If-Modified-Sinceヘッダチェックツールというものがあるので自分のサイトがフレッシュクロールサイトかどうかチェックしてみてください。

フレッシュクロールサイトの場合200OKが表示されます。そうでない場合は304Not Modifiedと表示されます。
http://www.su-jine.com/sujine_seo_if-modified-since_checker.php

なぜフレッシュクロールサイトになったのか?いろいろと調べてみました。
ページランク、被リンク、など様々な要因が言われていますが、「SEO対策アクセスアップの扉」は、まだできたばかりのサイトなので、まだそれらは充実しているとはいえません。

googleで検索してみてわかったのですが、フレッシュクロールになっているページが他にも何ページかありました。それはカレンダーからのリンクページでした。

つまり./archives/**.htmlのようなアドレスのページがフレッシュクロールになっていました。

他のサイトのページもいろいろと調べてみたのですが、(seesaaブログだけです)できたばかりのサイトでもフレッシュクロールサイトになっているサイトが結構ありました。

200OKが表示されるサイトはカレンダーを設置しているサイトが多かったです。もしかするとたまたまかもしれませんのでもう少し調査してみます。

しずれにしても、ブログはフレッシュクロールになる確率が高いと思います。私の本サイトはフレッシュクロールサイトではありません…。

ドメインがseesaaだからなのかもしれませんし、RSSやPING送信が影響しているのかもしれませんが、わかり次第報告させていただきます。
posted by SEO at 12:44 | TrackBack(0) | google対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17971468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。