SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年04月30日

W3C勧告と非推奨タグ

W3C(World Wide Web Consortium)とは、wwwの標準化を行ってる団体です。

見栄えがきれいなサイトであっても、このW3Cの非推奨タグを使用しているサイトは検索エンジンにあまり好ましくありません。

非推奨タグにはcenter,fontなどがあります。

ホームページを作成するにはHTMLとCSSを使用しますが、HTMLは構造を定義し、CSSは見栄え、つまりデザインを定義するものだとされています。

当分の間はブラウザでサポートされていますが、将来的には使用できなくなる可能性もあります。

tableレイアウトも徐々に少なくなってきています。日々変化する検索エンジンのアルゴリズム対策の為にも、きちんとしたサイト作りをしていく必要があると思います。

ちなみに大手ポータルサイトでも、非推奨タグの使用、tableレイアウトを使用している例も多く見かけます。

posted by SEO at 17:53 | TrackBack(0) | SEO対策、SEM対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17225405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。