SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年04月28日

ドメインでSEO対策

普段のサイトURLは「wwwあり」と「wwwなし」のどちらをお使いでしょうか?

もし両方を使用している場合、SEO対策において不利です。すぐにドメインを一つに統一してください。

wwwがあっても、なくてもアクセスはできますが、googleの検索エンジンでは、それぞれで異なったページランクを表示します。他の検索エンジンの場合も同様です。

リンクしてもらう際にも、どちらかのURLでリンクしてもらうようにしましょう。一般的には、wwwありでSEO対策してる場合が多いようです。

それ以外にもドメイン名、ファイル名にも注意するようにしてください。例えば「SEO対策アクセスアップの扉」のURLはhttp://seosemup.seesaa.net/です。

SEOで検索した時は、yahoo、google共に、タイトル、説明文、URLが表示されます。

キーワードにマッチした部分が太字で表示されるのですが、URLの部分にも太字で表示されます。

これは、ドメインやファイル名にも検索結果として参考にしているということだと思います。ファイル名は適当に決めがちですが、英語での検索キーワードの場合は特に意識するようにしてください。
posted by SEO at 11:21 | TrackBack(0) | SEO対策、SEM対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17139006

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。