SEO対策、インターネットSEO対策、インターネットアクセスアップ、検索エンジン対策、インターネットSEMなど 「SEO対策アクセスアップの扉」
2006年04月27日

titleタグとmetaタグ

titleタグはブラウザの上部に表示され、SEO対策で一番重要なタグです。
特にYSTで効果的だと思います。titleタグにはサイトの正式名を入れる必要はありません。例をあげると、

「だれでも簡単にできるホームページA」というSEO対策の情報を扱ったサイトがあったとします。
titleタグには「SEO対策、SEO、ホームページのサイトA」のようになるべく一番先頭から順番に検索エンジン上位表示を目指すキーワードを記述するようにしてください。

title文字数については検索エンジンに表示される30文字ぐらいまで大丈夫だと思います。目指すキーワードの上位サイトなどを参考に文字数を決めるのもいいかもしれません。

metaタグにはmetadescriptionとmetakeywordsがあります。
metadescriptionはそのページの簡単な説明を記述する部分です。
metakeywordsはそのページのキーワードとなる言葉を記述する部分です。

どちらもSEO対策をする上で、必ず記述するようにしてください。しかし、ページ内と一致しない言葉を含めるとスパムとみなされるかもしれませんので注意してください。

titleタグ、metaタグ共にトップページだけでなく、各ページごとに違ったものを用意するようにしてください。
posted by SEO at 11:09 | TrackBack(1) | SEO対策、SEM対策
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17094522

この記事へのトラックバック

METAタグの設定
Excerpt: METAタグの設定 設定できるメタタグは二種類あります。 KEYWORDSとDISCRIPTIONです。 基本的にTITLEタグの後に挿入するのがSEO的には正しいです。 近年ではあまり設定し..
Weblog: ネットビジネスでお金を稼ぐブログ研究所
Tracked: 2006-11-10 23:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。